看護師転職でよくある失敗事例、給料などの条件を確認していないと、どんでもないことに!

無事、転職が決まりホッとしたのも束の間、看護師として病院などに入社してから条件が合わないと気付く場合があります。

大体が給料などの金銭面におけるケースが多いのですが、これは、入社前にしっかりと条件について確認しなかった事に起因するケースがほとんどです。

看護師として条件について理解し、納得してから病院に勤めるのと、勤務が決定した後になって条件を知らされるのとでは、たとえ条件が同じだったとしても、気持ち的には雲泥の差があることでしょう。

看護師として仕事へのヤル気、モチベーションにも繋がってくるはずです。

特に金銭面の条件については、病院に勤める前には聞きづらい雰囲気もあるかもしれませんが、後々の仕事にも影響することなので、面接時にきちんと聞くようにして下さい。

基本給やボーナス額はもちろん、有給休暇についてや各種保険・待遇についてなど、確認するべきことは多いはずです。

そのため入社してから失敗したと後悔することのないように給料などの詳しい条件は最終面接で確認することが重要です。

早くても遅くても駄目です。
ポイントは最終面接です。

 

関連記事

  1. 面接の答えは一つではありません!!

  2. パートなどで人材派遣会社を利用する場合の問題点

  3. 退職日に病院に返却するもの

  4. 病院の廃業や倒産は中で働いていると気がつかない!?

  5. 会社を辞めたい「本音と建て前!」あなたはどっちを伝えますか?

  6. 実際にある。引き抜かれる人材とは

error: Content is protected !!