転職の面接で給与や待遇の条件などの上手な聞き出し方

ほとんどの求人票には最低限の情報しか記載されていません。

「年収400万円以上」とあっても、実際にもらえるのは、どの程度の金額なのか?

多いのか、少ないのか。年齢や性別によっても違いがあるのかどうか。

休日休暇についても、本当に記載されている通りなのか?

これらについて、面接でどのように聞いてみれば良いのでしょう!?

「年収400万?500万円」という様に求人票に記載されていた場合、

実際にもらえる具体的な金額については、転職会社のエージェント、もしくは企業の人事担当の人と、細かな部分を話し合って調整していくという例が多くなっています。

それは看護師の転職でも変わりません。

転職を決める側としては、具体的な金額が分からないことには、気持ち的に踏ん切りがつかず、なるべく早くにハッキリと聞きたいと思うでしょう。

ですが、このような大事な質問は、会社の方から説明されるのを待った方が良いようです。

1次面接など、早い時期の面接で給与や待遇についての質問をしてしまうと、仕事の内容でなく、お金で病院を選んでいるような印象を持たれてしまいます。

ですので、給与や待遇については、病院側から話が出るまで待ち、なかなか話が出てこないような時に、それとなく聞いてみるようにしましょう。

時期としては、最終面接や内定が決まってから。そこに辿りつくまでは、もう少し待ってください。

確認する時も、「給与はおいくらになりますか」など、ダイレクトに聞くのではなく、「入社後の給与や待遇については、どのようになっているのかを教えていただけますか?」と、会社のシステムに関する質問の一部として尋ねてみるのが良いでしょう。

あくまでも、入社する事を前向きに検討しているという姿勢を見せることが大切です。

関連記事

  1. 看護師の転職でよくある失敗事例、職場の環境や人間関係が合わない

  2. 職場を辞める前に知っておきたい退職金の支給

  3. 年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

  4. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

  5. 実際にある。引き抜かれる人材とは

  6. パワハラ上司のいる会社は業績が伸びない傾向がある

error: Content is protected !!