看護師の転職でよくある失敗事例、職場の環境や人間関係が合わない

病院に勤め始めた後に、職場の環境が合わないと感じることもあるかもしれません。特に人間関係については、難しい問題です。

面接の場などで、実際に配属される部署の上司やメンバーについて、なんらかの情報を得られれば良いのですが、

普通そのような情報は入りません。

もし、そこで実際の上司となる人と話せたとしても、面接の場と職場での印象が違うこともあるかもしれません。

結局は、実際に現場で働いてみないことには、合う・合わないは分からないと言えるでしょう。

残念ながら、このような人間関係については運と言わざるを得ない部分があります。

そのため、転職での面接などで、職場での人間関係を転職理由として話すと上手くいく転職活動も不採用となり失敗します。

例え、転職理由の1つに職場での人間関係があっても、面接などでは言ってはいけない1つになります。

 

また、職場における上司や後見人的存在の人と良好な関係を作れれば、職場環境については、それほど気にならない事も多いはずです。

尊敬でき、目標となるような人物に何でも相談できる状況を作る事。

仕事の具体的な内容について、事前に良く確認しておく事。

これらが看護師の転職でも、失敗を防ぐ効果的な方法と言えます。

 

関連記事

  1. 今、年々増えている職場の適応障害と看護師転職

  2. 退職日に病院に返却するもの

  3. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  4. 看護師として自分の自己評価と価値の棚卸しは転職活動前にしておくことが基…

  5. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  6. 本当に時給の高い業種、業界はどこ?実は年収の業界格差は最大3倍以上もあ…

error: Content is protected !!