年収の最近のブログ記事

転職で年収ばかり気にすると上手くいかないこともある

人材派遣会社の売り文句として、良く見られるのが
『年収アップを目指した転職を現実のものにしよう!』
というような、給与面の向上を意識して転職を勧めるものです。
この不況の現代において、より多くの給与が得られることが魅力なのは事実です。

しかし、今就いている仕事に対して、「この仕事は給与が低くてダメ」
「転職すれば、もっといいお給料がもらえるかな」など、
一生向きあうべき仕事を金銭面だけで判断することは間違っています。

タグ

,

カテゴリ:年収

本当に時給の高い業種、業界はどこ?実は年収の業界格差は最大3倍以上もある!

経済不振が続く中、労働者の条件は悪くなる一方です。

それは看護師でも同じです。


給与額のアップなんて、夢のまた夢・・・
同じ働くのなら、もっと稼げる仕事に就きたい!
そう思うのも当然です。
では、現実的に時給が高い仕事とは何でしょう!?


やはり金融関係の時給がトップとなります。

金融商品取引業・商品先物取引業の時給が4,510円
銀行業は3,862円 保険業が3,597円


商社は分類すると卸売業となり、時給2,038円程度になります。
それほど高くないと感じるのは、中小の商社も含んでいるからでしょう。
大手財閥系商社の時給は、もっと高くなっているはずです。

タグ

カテゴリ:年収

転職で年収アップ!は必ずしも本当とは限らない!?

年収アップを謳った文句に魅かれて、転職を考えてみた方もいるのではないでしょうか?

もちろん、転職で年収がアップする場合はありますが、
逆にダウンする場合があるということも知っておいた方が良いでしょう。


では、転職によって年収がダウンする場合があるのは何故でしょう!?

特に異業界への転職なら、まったく経験のない状態から始めることになるので、
年収がダウンするケースがあります。

しかし、同じ業界への転職であっても、

タグ

カテゴリ:年収

転職の面接で給与や待遇の条件などの上手な聞き出し方

ほとんどの求人票には最低限の情報しか記載されていません。

「年収400万円以上」とあっても、
実際にもらえるのは、どの程度の金額なのか?

多いのか、少ないのか。
年齢や性別によっても違いがあるのかどうか。

休日休暇についても、本当に記載されている通りなのか?

これらについて、面接でどのように聞いてみれば良いのでしょう!?


「年収400万〜500万円」という様に求人票に記載されていた場合、

タグ

, , , ,

カテゴリ:年収

求人票の想定年収、本当に額面どおりの給料をもらえるの?

求人票には通常、想定年収が記載されていますが、実績、実力次第で応相談などと書かれている場合があります。
この場合、本当に額面どおりの給料をもらえるのか疑問に思う看護師さんもいると思います。

特に、初めて看護師として病院を転職する場合には、尚更です。


一般的に求人票には、およその給与の額が記載されています。
応募する病院側も、それを元に応募するかどうかを考えますが、

タグ

, ,

カテゴリ:年収

希望年収って、どのくらい希望しても良いもの?

看護師として現在よりも年収アップを希望した転職の場合、
その年収額については、面接のいつ頃に話を切り出せば良いのでしょうか。

まず1つだけ言っておきたいのですが、
最初の面接で年収の話をする事は間違いですので、
それだけは絶対に避けましょう。


では、いつ頃なら良いのでしょう!?

タグ

カテゴリ:年収

転職活動前に知っておきたい、転職後の年収事情

現在、景気は悪化を続け、転職市場にも明るい兆しは見えない状況です。
それは病院に勤める看護師も同じです。

そんな中で看護師として、年収アップを狙った転職はできるのでしょうか。

リーマンショック以降、転職の動きな少なくなっています。
しかし、転職を行った20代の層においては、
年収が数段アップしている人の数の方が多く見られます。

25?29歳の、転職1年後の年収について調べたところ、
13.4万円年収がアップしているという結果が出ました。
30?34歳では、10.5万円のアップ。
これは、リーマンショック以降であっても変わりません。


では、転職の理由について変化はあるのでしょうか!?

タグ

,

カテゴリ:年収

このページの先頭へ