あなたの職場の環境は子育てママを応援してくれていますか?

一昔前までは、女性が就職しても結婚をきっかけに退職する人が多かったため企業や会社は女性に大きな仕事や責任のあるポストにはなかなか置きたがらなかったものです。

しかし、最近では女性の社会進出が目立ってきて結婚や出産をしてもしっかり仕事を続ける人が多くなってきました。

それでも周囲の目は厳しくて女性が結婚したり、出産して産休を開けて職場に復帰したら、いきなり担当から外されていたり、職場が異動になっていた場合があります。

中には「出産したら会社を辞めると思った・・・」とか「子供を理由に頻繁に休みを取らないでね・・・」とイヤミを言われる人も結構います。

 

女性は出産や子育てと大変な思いをして働いているにも関わらず会社でも風当たりが強いため苦労が絶えません。

確かに、小さな子供を抱えていると突然病気をしたり検診などで会社を休んだり早退をすることもあります。

その都度上司や先輩からの心無い言葉や同僚からの冷たい態度には多くの人が憂鬱になってしまいます。

 

とくに頑張ってきた女子社員が子育てをしているだけで今まで関わっていた大事なポストから外されることになります。

また、役職だった人でも育児休暇を終えて職場に復帰してみたら同僚のサポートや新入社員がするような雑用が廻ってきたりします。

職場では孤立することになりそのうち辞める社員まで出てきます。

行政は出産率向上に対する取り組みをいろいろと掲げているようですが、本人の身近なところで環境を整えてもらえないと解決できません。

 

そのため、結婚しても子供を作ることに抵抗を感じている女性は多いのではないでしょうか?

また、出産しても育児休暇や産休をとってから会社を辞める人も増えてきました。

ほとんどの女性は育児と仕事の両立を願っていますが一部には職場に迷惑をかけている人もいます。

例えば、子供の学校行事のたびに当たり前のように休む人や事前に分かっていた大事な会議を子供を理由にドタキャンする人もいます。

 

そんな場合は事前に連絡することや謙虚な気持ちで会社を休んだり早退したほうが良さそうですね・・・

職場での人間関係がうまくいっていると仕事と育児の両立も難しくないことかも知れませんね!!

関連記事

  1. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

  2. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  3. 知らないとヤバイ、失業保険(失業給付金)の手続きについて

  4. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  5. 実は収入以外にもある仕事の最大の報酬とは?

  6. 病院を辞めるときの円満退職退職スケジュールとは

error: Content is protected !!