子育中の看護師主婦が転職する場合の注意事項

結婚して子供ができると家のローン返済、子供の塾や習い事などで出費が重なってきます。

そのため少しでも家計を支えようとして、今では共働きの夫婦は珍しくありません。

周りでも小さな子供を保育所や託児所に預けて、毎日職場に向かう女性の姿をよく見かけます。

保育所や親御さんに預けて働くことができる人は安心して仕事をすることができますが、看護師資格を持っていて働きたくても預ける医療機関や親族がいない人も結構います。

そんな人は会社を退職して専業主婦で子育てに専念することになります。

子供が小学校に通い始めたら稼ぎ時

それでも、ある程度子供が幼稚園を卒業し自分で小学校に通うことができるようになると仕事や職場に復帰して働くことができます。

しかし、その間のブランクは結構長い期間となるため、公務員や大手企業以外では今まで勤めていた職場に復帰することが難しい場合があります。

そのため、まったく経験したことのない業種や会社に転職する人も珍しくありません。

最近はそんな人が免許や資格を取得して専門分野で頑張っている人が増えてきました。

例えば年齢に左右されない看護師や保育士、美容師、エステティシャン、医療事務などの免許や資格の勉強をして今まで経験したことのない業種に挑戦する女性が増えてきました。

子育て期間中は条件を決めないと後で大変

しかし、転職を成功させるには年齢ごとに会社や企業が求める人材を知っておく必要があります。

得に30代、40代が実務経験がないと資格があってもなかなか正社員の採用は難しいものがあります。

若い世代の転職の場合はやる気があると異業種でも採用される確率は比較的高いですが年齢を重ねるごとにやる気だけでは転職はうまくいきません。

というのも、年齢を重ねるほど、企業や会社側としても即戦力として企業に貢献してくれる人材を求める場合が多いです。
それは、看護師も同様で、医療機関や病院側は出来る限り、ブランクがない看護師を採用する傾向があります。

一方で、子育て世代の転職は家事と育児を抱えている女性にとって少しでも時間に余裕のある職場を選びたいものです。
採用条件は病院によっても違いますが、「夜勤なし」などの条件を整理して求人情報を収集しましょう。

ブランク期間をできるだけ作らない

一般的に転職は年齢を重ねていくごとに希望する条件が狭くなってきます。

そのためにも40代、50代の転職活動は専門知識や資格や免許を生かした業界や職種を探してみるとよさそうです。
それは、看護師も同じです。

出産や親の介護など、何らかの理由で、看護師を辞めた場合でも、今はまだ医療機関の募集も多いため、多少、高年齢化していても採用されるケースが多いのですが、この状況がいつまで続くのかは分かりません。

そのため、早め早めに転職をし出来る限りブランク期間を作らないことが大切です。

関連記事

  1. 転職の面接で給与や待遇の条件などの上手な聞き出し方

  2. パワハラ上司のいる会社は業績が伸びない傾向がある

  3. 病院の廃業や倒産は中で働いていると気がつかない!?

  4. 今、徐々に増えている「年俸制」と一般的な「月給制」の違いとは?

  5. 看護師専門の転職サイトに無料で登録して、まずは求人情報収集から始めるの…

  6. あなたの職場の環境は子育てママを応援してくれていますか?

error: Content is protected !!