会社を辞めたい「本音と建て前!」あなたはどっちを伝えますか?

今年も残り少なくなってきました。

最近周りでは転職を考えている友人や後輩が多くなってきました。

会社を辞めるにあたって理由を伝える必要があります。

会社を辞めたい理由は人それぞれありますが本音と建前があるようです。

退職理由を正直に会社に話したほうがいいのか。

それとも会社を円満退職するために嘘をつくべきか?

できたら円満退職したいと誰でも思うのではないでしょうか?

本音の部分では「人間関係がうまくいかない」「労働条件の不満」「家庭での両立ができない」「体調不良」などをストレートに伝えていいのだろうか?

職場で働いている多くの社員は誰でも会社に不満や不平を持っているものです。

 

しかし、実際に会社を退職する時には本音の退職理由は伝えません。

むしろ建前の退職理由を伝える社員がほとんどです。

例えば退職に理由として

・労働時間や業務内容が自分に合わなかった

・スキルアップのため

・今後に生かす資格の取得のため

・親の介護で時間が取れなくなった

・勤務地が自宅から遠いため・・・などの理由が挙げられます。

 

本音の部分を聞いてみると

・上司や同僚・先輩たちをうまく仕事ができない

・給与の割には労働時間が長すぎる

・社長や社風が自分に合わない

・昇給や評価に不満を感じた・・・などの意見がありました。

 

また、いよいよ会社を辞めたいと思っても退職する時期を考えなくてはいけません。

円満退職を考えている人はなおさらです。

しかもできたらボーナス時期までは働いてボーナスをもらってから辞めたいと思っている「ボーナス退職」を希望する人は結構多いです。

 

ボーナスをもらって辞めるのは気が進まないと思っている人がいるかも知れませんが、これは当然の権利なので遠慮することはありません。

しかし、ボーナスの査定期間には在籍していないと支給されない場合があるので気を付けたほうがいいですよ。

関連記事

  1. 病院を辞めるときの円満退職退職スケジュールとは

  2. 実は結構ある!退職でのトラブル。実際にあった口コミ情報

  3. 看護師としての転職活動には面接必勝法がある

  4. 希望年収って、どのくらい希望しても良いもの?

  5. ゆとり世代の新入社員が理解できない職場の問題

  6. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

error: Content is protected !!