面接の答えは一つではありません!!

一般的に企業や会社の採用試験には筆記試験や適正試験・面接試験などがあります。

中には企業から作文の課題を提示されて面接会場で提出を求められる場合もあります。

また最近では面接を重視する企業や自治体も増えてきました。

しかも数回にわたる面接を実施することも珍しくありません。

試験を受けるために、履歴書やエントリーシートを面接時の選考資料として使うことが多いので自分がアピールしたいことやプロフィールもわかりやすく書く事がポイントになります。

面接ではあなたの性格や人柄・会社への意欲・理解力などを見ていきます。

実際質問の内容はその場に行かないと分かりませんが、気になる本やTV・新聞などの話題やニュースなどを話す場合も、そのまま内容を話すのではなくて自分の考えや理解したことをわかりやすく話すことが大事です。

その話の内容や受け答えから上司や先輩・同僚などとのコミュニケーションが取れる能力が備わっているか確認していきます。

 

しかし、面接には正解はありません。

「面接ではどんな受け答えをすればいいのですか?」「面接官はどんな答えを求めているのだろう?」という人がいますが面接時の質問には一つの答えはありません。

参考書やテキストの中に書かれてあるマニュアル通りに話すのではなく、日頃から人の言葉で話すことを意識すると自然に自分の言葉になって面接官の質問に答えることができます。

本人の言葉で話せずマニュアル本に載っているようなことを話す人はあまり良い評価はもらえていません。

 

学生時代や今まで経験したこと・将来についてどんな考えをもっているか聞かれることが多いです。

なので自分のことをしっかり分析して答えることが大事です。

面接は初対面の会社とあなたの「お見合い」だと思ってください。

以外かもしれませんが、面接で大事なことは「第一印象」です。

面接が始まって最初の5分で面接官は合否の判定をしていると言われています。

なので清潔感のある格好で挨拶や言葉遣い・態度などに気をつけた方がいいです。

また、控え室でのマナーとして携帯電話を使用したり談笑するは控えた方が良さそうですね!!

関連記事

  1. 安心できる老後を過ごすためにあなたは何ができますか?

  2. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

  3. 今、年々増えている職場の適応障害と看護師転職

  4. 求人票の想定年収、本当に額面どおりの給料をもらえるの?

  5. 転職でよくある失敗事例、慌てて決めた転職先は失敗しやすい

  6. 年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

error: Content is protected !!