あなたの会社は女性が職場に復帰できる環境づくりができていますか?

最近職場でお祝い事が重なっています。

女性の多い職場だけに珍しい光景ではありませんが会社の行事ごとと重なってしまうと本心は「仕事のタイミングを考えてほしい・・・」と思ってしまいます。

会社の決算時期や忙しい時には猫の手も借りたくなります。

そんな時に限って出産休暇や寿退職が多いような気がします。

こんな不満を抱えている経営者や上司は結構多いのではないでしょうか?

入社してようやく仕事に慣れた頃は女性にとっては結婚適齢期でそろそろ結婚や出産などを考えてきます。

同時に結婚後や出産後の職場復帰に悩んでいる女性は多いです。

一般的に大学を卒業して3,4年立つとそろそろ責任あるポストの話がきます。

同時に結婚への適齢期とも重なってしまいます。

 

仮に結婚して妊娠・出産となり、職場への復帰を考えても仕事と家事や育児の両立はできるのだろうか?

子供を預かってくれる託児所や保育所は見つかるのだろうか?

子供の突然の病気やケガをした時に会社を休めるのだろうか?

多くの女性はこんな悩みを抱えながら仕事をしています。

 

結婚前は自分な好きな職場で仕事をこなし、スキルアップを目指してきました。

それなりの収入もあり、独人時代を謳歌して充実した生活を送ることができるのです。

それでも、夫と二人の生活は夫の協力で家事を分担したり、お互いの収入で余裕の生活ができています。

 

しかし、出産や育児が始まってしまうと生活は一変します。

まず、子供の世話をしてくれる親御さんや身内の人の相談する必要があります。

近くに世話をしてくれる人がいなければ仕事の間に預かってくれる託児所や保育所を探す必要があります。

最近は少子化で社会問題にもなっていますが、育児と仕事の両立ができない原因に託児所や保育園は足りていません。

 

そのため、結婚してもなかなか子供を持つことができない女性もたくさんいます。

それでも職場の中に託児所を設けているところも増えてきました。

少しでも女性が安心して出産を終えて職場復帰できる環境が整うことができたらいいですね

関連記事

  1. 辞める前にしっておきたい失業手当て・雇用保険。妥協したり感情的になって…

  2. 知らないとヤバイ、失業保険(失業給付金)の手続きについて

  3. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  4. 知らないと損をする!失業手当の満額受給は得するだけとは限らない

  5. 実は結構ある!退職でのトラブル。実際にあった口コミ情報

  6. 思わぬ解雇や陰湿なイジメや圧力。自己都合による退職はどう?

error: Content is protected !!