転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

会社を退職するにあたって、失業保険の手続きにばかり気を取られがちになりますが、実は失業保険と同様に重要なものがあります。それは、健康保険です。

知らない人も多いかと思いますが、健康保険は、退職と共に機能を失います。

今までは、健康保険に加入していたので、自己負担額3割で病院にかかれましたが、退職の翌日から医療費は全額自己負担になってしまいます。

また、

退職後の健康保険は要注意

退職日が月初めだった場合、その月の間は健康保険が使えると思っている人が多いようですが、それは違います。月初退職の場合、健康保険は日割り計算されるので、退職の翌日以降、健康保険は一切使用できません。

新しい仕事先が決まっていれば、またそこで健康保険に加入するので心配はないのですが、決まっていなかった場合、もしくは期間が長く空いてしまう場合など、その間は健康保険に未加入状態なので、もしケガや病気をしてしまった時に、全額自己負担になってしまいます。

独身だったなら自分のことだけで済む話ですが、家族がいる場合、特に子供がいると不安です。

どんな時でも、健康保険には加入しておくべきです。

退職後の健康保険3つの加入方法

では、退職後の健康保険はどのようにすれば良いのでしょう?
その方法は3つあります。

まず1つは<国民健康保険に加入する>

次に<任意継続保険者になる>

そして<被保険者になる>

最後の<被保険者になる>というのは、どういうことかと言うと、自分の他に働いている家族がいる場合、その健康保険の扶養に入るということです。

この3つのどれかの健康保険に加入すれば、今までどおり3割の自己負担額で病院にかかることが出来ます。

 

任意継続被保険者制度とは

退職後の健康保険はどうするか、という問題があります。ここで初めて任意継続被保険者制度という名前を聞く方は多いでしょう。

退職後も健康保険に加入する場合、もし共働き家庭だったなら相手方の保健に扶養で入る事ができますが、そうでなかった場合は、国民健康保険または任意継続保険に加入するかの、どちらかを選びます。

任意継続保険とは、任意継続被保険者制度というもので、退職するまでの間に継続して2カ月以上、被保険者だった期間があれば、退職した後も2年間だけ、今まで加入していた健康保険を継続することが出来る制度です。

 

任意継続被保険者制度の申請期限

もし、この任意継続被保険者制度を利用するのなら、退職日の翌日から20日間以内に、社会保険事務所または健康保険組合に申請する必要があります。どちらへ申請をするかは、加入していた保険によって異なります。

政府管掌健康保険に加入していた場合は、自宅住所所轄の社会保険事務所での手続きであり、健康保険組合に加入していた場合は、健康保険組合への手続きになります。

また、申請期間は退職後20日以内となっており、20日を過ぎると継続出来なくなってしまうので、くれぐれも注意してください。

 

任意継続被保険者制度の支払額

任意継続被保険者制度を利用する場合、保険料は毎月、自分で支払う必要があります。

働いていた時は、保険料の2/3を会社が負担してくれていました。任意継続被保険者制度を利用する場合は、保険料の全額を自分で払うことになります。大体、働いていた時の自己負担額の約3倍程度と考えておけば良いようです。

退職後の健康保険まとめ

  1. 国民健康保険に加入する
  2. 任意継続保険者になる
  3. 被保険者になる
  4. 任意継続保険者の申請期間は退職後20日以内。20日を過ぎると継続出来なくなる

関連記事

  1. あなたの会社は女性が職場に復帰できる環境づくりができていますか?

  2. 辞める前にしっておきたい失業手当て・雇用保険。妥協したり感情的になって…

  3. 病院が廃業、倒産寸前! どのタイミングで辞めるのがベストか

  4. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  5. 安心できる老後を過ごすためにあなたは何ができますか?

  6. 面接前に考えておきたい。万が一、失業期間が長くなってしまった場合の理由…

error: Content is protected !!