医療現場の看護師不足の問題と育児支援

一昔前は女性妊娠や出産をすると看護師資格を持つ女性でも仕事を辞めてしまう人がたくさんいましたが最近では職場の理解もあって出産しても子育てをしながら職場復帰する女性が増えてきました。

しかし、一方では育児が女性だけの負担になって仕事を再開したくても諦めてしまう人少なくありません。

そのため、結婚してもなかなか出産に躊躇する夫婦は後を絶えません。

子供は欲しくても育児に協力してくれる人がいなかったり、子供を預ける施設がなかなか見つからないなど・・・の理由で年々出産率は減少している傾向になっています。

その結果、少子化が社会問題にも発展しています。

そんな中最近では・・・

「男性も子育てに参加しやすいように」と国会は男性の育児休業の取得が可能になりやすいように企業に働きかけています。

しかし、世界を見渡してみると男性が育児に参加することは珍しいことではありません。むしろ、日本は男性の子育て参加や育児休業の動きが遅れているとも言えます。

育児に参加するための育児休暇を男性が取りやすい企業がどんどん増えてくると女性ももっと積極的に看護師資格を持つ女性の職場復帰ができるはずです。

一方妊婦さんや出産して育児期間を終えて職場復帰をした女性社員に対して上司や同僚から嫌がらせを受けるマタハラやイクハラなども問題になっています。

特に妊婦さんに対して上司が過度な業務を言いつけたり残業を押し付けたりして体調が乱れてしまうと退職を促したり、嘱託社員や給与を減額したりします。

また、出産を終えて職場復帰できても頻繁に休まれるたり、早期退社続くと仕事が同僚に負担がかかってきます。

そうなると同僚同士の間でいじめやイヤミを言われてしまい、その内会社に居づらくなって辞めていく社員も少なくありません。

特に中小企業でのトラブルが結構多いようです。

会社としては「子供が熱を出した」、「運動会や学校行事」だと言われて頻繁に休まれるのは困るのでしょうね。それは病院などの医療現場でも同じです。

看護師資格をもつ女性の人数は年々増えているのに、職場復帰に悩む人は相当数います。潜在的な数は多いのに、医療現場は看護師不足に悩んでいます。

男性の育児休暇、育児支援がないと女性の社会進出、並びに社会復帰は看護師でなくても難しいのです。

関連記事

  1. 看護師の転職でよくある失敗事例、職場の環境や人間関係が合わない

  2. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとテクニック

  3. あなたの信頼している上司が独立!!その時「家庭のあるあなた」の選択は?…

  4. 失業手当・保険!知らないと損をする失業手当(失業給付金)をもらうための…

  5. 転職活動するならマーケットの情報収集から

  6. 病院の廃業や倒産は中で働いていると気がつかない!?

error: Content is protected !!