失業手当・保険!知らないと損をする失業手当(失業給付金)をもらうための条件

今の仕事に満足をしていて、会社を辞めようなんて考えた事のない人にとっては、失業保険など、まったく興味がないと思いますが、100年に一度の大不況と言われた、2008年から2009年に、勤めていた会社の倒産やリストラなどを経験し、予定外に、失業保険のお世話にならざるを得なかった人もいるのではないでしょうか?

 

また失業保険という名前は知っているけれど内容については良く分からない、という人も大勢いると思います。周りに詳しく教えてくれる人がいない場合、自分で調べて手続きをする必要があります。

この失業保険とは雇用保険のことです。給料明細を見て、雇用保険料が天引きされていたら、雇用保険に加入しているということです。

但し、

会社役員などをしている場合、雇用保険には加入できません。

その他、雇用保険に加入していれば、失業保険がもらえるというわけではありません。

尚、失業保険の受給に必要な条件は3点あります。この3点をクリアしていないと、受給資格がなくなり、実際に失業保険をもらうことができません・・・。

まず、1点目は雇用保険の被保険者であるということ。

2点目は、退職日から見て、過去2年の間に通算12か月以上、雇用保険に加入していることです。

特定受給者資格者の場合は、退職日から見て過去1年の間に、通算6か月以上、雇用保険の加入期間が必要です。

2009年3月31日に法律が改正され、この法改正以降は、期間の定めのある雇用契約において、期間満了の時に契約更新をされなかったりするような雇い止めなどのケースの退職に関しては、特定受給者でなくても、退職日より前の1年間に通算6か月以上雇用保険加入期間があれば、失業保険をもらえるように変更されました。

3点目は、働く意思があり、かつ現在すぐに働ける環境にあるということです。

以上3点が、失業保険を受給するために必要な条件となります。

 

関連記事

  1. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとテクニック

  2. 安心できる老後を過ごすためにあなたは何ができますか?

  3. 自分の身は自分で守る!退職のタイミングと転職

  4. 実は収入以外にもある仕事の最大の報酬とは?

  5. 面接前に考えておきたい。万が一、失業期間が長くなってしまった場合の理由…

  6. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

error: Content is protected !!