退職前のちゃんとした業務の引継ぎは、あなたの今後のキャリアに響く・・・

正式に退職が決まったなら、業務の引継ぎを行わなくてはなりません。
きちんと引継ぎを行わないと、会社や取引先に迷惑をかけることになり、自分も安心して退職の日を迎えられないはずです。

退職した後も、その会社や会社を通じて付き合いのあった人たちと良い関係を保つためにも、この引継ぎは、とても重要なものです。

もちろん引継ぎについては自分だけで判断せず、必ず上司と相談をして支持を仰ぐようにしましょう。

 

また、業務内容や取引先・顧客に合わせて引継ぐことが必要になってきます。

「とりあえず誰かに引継いでおこう」という考えは良くありません。
1人の同僚に自分の業務の全てを引継ぐことも避けてください。

同僚は同僚で、自分が抱えている仕事があるので、あなたの仕事を全て引継がされても、その後が大変になってしまいます。

きちんと上司と相談をすることが大切です。

社内での引継ぎが終了したら、引継ぎをした同僚と共に、取引先や顧客へ、引継ぎのご挨拶に伺います。

この辺は、会社や仕事の内容によって異なりますが、もし顧客に、個人規模で経営しているようなお店があったなら、挨拶に伺っておいた方が後々のためにも良いと言えます。
退職をした後も良い関係を保てるようにしておいた方が、退職時の自分の気持ちも違いますし、もしかしたら、次の職場でも関わりを持つことになるかもしれないからです。

ほんのちょっと手を抜いただけのことが、後々に影響してくることもあります。
次の職場で良いスタートを切るためにも、しっかりと引継ぎをしておくことは大切です。

関連記事

  1. 転職活動の思わぬ落とし穴!必要資金は用意していないと大変

  2. 病院が廃業、倒産寸前! どのタイミングで辞めるのがベストか

  3. 求人票の想定年収、本当に額面どおりの給料をもらえるの?

  4. 知らないとヤバイ、失業保険(失業給付金)の手続きについて

  5. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  6. 離職票とは?退職したら、まず最初に準備したいのが離職票

error: Content is protected !!