知らないと厳しい!退職するには、社会的なルールがあります

退職を決めると、いろいろと気持ちに変化が起こることでしょう。

退職をするべきか否かで悩んでいた今までの重い気持ちが無くなり、誰かに辞めることを話したくなってしまうかもしれません。

また、気が抜けてしまい仕事でのミスが起こりやすくなる傾向もあるようです。

しかし、いくら退職を決めたとしても、サラリーマンとしてのルールというものを守らなくてはいけません。

 

まず、自分の退職については時期が来るまで周りの人にベラベラと話してはいけません。

しかも、提出しているのが「退職願」の場合は、まだ完全に退職が決定した状態ではないので、この段階で人に話すことは避けましょう。
退職願が正式に受理されなかった場合や、会社側から退職を引きとめられ自分の考えが変わった場合に、困ってしまうのは自分なのです。

また、前の部署の上司など、信頼している人がいたとしても、最初に退職の話をするのは、今の部署の直属の上司にするべきです。

たとえ普段から仲良くしている同僚であっても、話さないようにしておくのが賢明です。

いくら「まだ秘密だからね」と約束をしたとしても、どんなウッカリがあるかも分かりませんし、仕事のプロジェクトに人事関係が必要となった時、やむなく話してしまうこともないとは言えません。

しかも、それが職場内だけでなく、取引先などの外部にまで伝わってしまうと大変なことになります。

退職の理由についても、結婚や親の介護などの理由であれば、仲の良い同僚にだけ話しても構わないでしょうが、会社に不満を感じての退職で合った場合は、同僚にも話すことは避けるべきです。
あなたが感じる不満について、たとえ同僚が共感してくれたとしても、その同僚はこれからも会社に残るのですから、あまり気分も良くないでしょうし、同僚の仕事へのモチベーションにも影響を与えるかもしれません。

退職をする場合は、職場のルールに従った行動をするようにしましょう。

関連記事

  1. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  2. 転職のメリットはキャリアップ以外にも

  3. 子育中の看護師主婦が転職する場合の注意事項

  4. 退職前のちゃんとした業務の引継ぎは、あなたの今後のキャリアに響く・・・…

  5. 退職日に病院に返却するもの

  6. 自分で築くコミュニケーション!!

error: Content is protected !!