ほんとうの自分に合った天職って、見つかるもの?

今の仕事は自分に向いているのか!?

今の仕事に関して不満はないし、達成感を味わった経験もある。
だけど、これが本当に自分に向いている仕事なのだろうか?
もっと自分に合った仕事があるんじゃないだろうか?

いや、その前に、そもそも自分には、どんな仕事が適職だと言えるのだろう!?
自分のことなのに、今ひとつピンとこない・・・

 


そんな風に悩んでいる方に、まず一つアドバイスを。数年勤めた程度では、その仕事がアナタに合っているかどうかなんて、まだまだ分かりません。

と言っても、気持ちがスッキリするわけではないでしょうから、思い悩んでいるアナタを、その道のエキスパートが手助けします♪

今まで行ってきた仕事の中で、どんなことに対して、やりがいや達成感を覚えたのか分類してみてください。

ひとつひとつ紙に書き出したりすると、更に分かりやすくなるでしょう。
そうしていく内に、自分にとっての適職が見つかってくるはずです。

営業の仕事であったなら、その中でも
「お客様が悩んでいることに対して改善策を見つけ、問題をクリアしていく」
という部分に面白さを覚えたとします。

たとえ他の業種であっても、そのようなファクターを持っている仕事であれば、あなたにとって適職と言える見込みが高いはずです。

業種や職種が異なる仕事でも、面白いと思える部分が一緒の仕事であれば大丈夫。
転職の際の会社選びに、もっと幅が広がるはずです。

関連記事

  1. 年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

  2. 女性の職場、社会進出!弊害になっているのは何ですか?

  3. 転職するなら知っておきたい国民健康保険と国民年金の手続きのこと

  4. 病院はいつも看護師不足?転職に年齢は関係ない!?

  5. 知っておきたい業種別の転職状況

  6. 転職のメリットはキャリアップ以外にも

error: Content is protected !!