看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

一口に転職と言っても、同じ業界でステップアップを目指しての転職なのか、はたまた今までの職種に限界を感じ、全く違う職種への転職なのかで、全く違ってきます。

違う職種で新天地を開拓しよう!と思ったとしても現実には、そんな未経験者を企業は採用してくれるのでしょうか!?


もちろん、即戦力として動ける人材を欲しがっている企業が多いのは事実です。

しかし、同じ職種からの転職で変な知恵を持っている人よりも違う職種からの転職で、斬新なアイデアを提供してくれたり新風を吹き込んでくれるような人材を求めている企業もあります。

とはいえ、それも20代まで。それ以上の年齢になると、かなり難しいものがあります。

しかも、どんなキャリアの人であれ年収は下がると思っておいた方が良いようです。

違う職種への転職は、仕事内容が変わるだけでなく、周辺環境や付き合う人の質までガラっと変わってしまいます。

その辺まで含めた覚悟が出来ていないと、現実についていけずに挫折してしまう人もいるようです。
その職なりの風習や独特の雰囲気など、すべてを一から教えてくれるような企業ばかりではありません。

今までの自分を白紙に戻し、新しい職種へ順応できるよう、自分なりに努力して何かを掴みとらなければ、その転職は失敗に終わってしまうのかもしれません

関連記事

  1. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

  2. 仕事のモチベーションいつまで続きますか?

  3. 結婚時期や育児休暇を言い出せない職場環境

  4. パートなどで人材派遣会社を利用する場合の問題点

  5. それでも根強い看護師人気!!

  6. 思わぬ解雇や陰湿なイジメや圧力。自己都合による退職はどう?

error: Content is protected !!