面接前に考えておきたい。万が一、失業期間が長くなってしまった場合の理由と模範解答

今まで勤めていた会社を退職し転職活動に入ったものの、なかなか思うようにいかず、考えていた期間を過ぎてもなお新しい転職先が見つからない、ということもあります。

失業給付金の受給も終わってしまい、収入がない状態が続き、貯金を食いつぶすようになってしまうと、金銭的にも精神的にも、かなりの負担です。

 


なぜ、こんなに転職先が決まらなかったのでしょう!?
それぞれ理由があると思います。

・自分の望む仕事内容の求人がない
・面接は受けているのに採用まで至らない
・待遇が希望通りでない
・募集時の内容通りではないと、面接の時に分かった

転職の場合、以前の会社よりも良い待遇や収入を希望している人が多くなります。

給与・休日・やりがいなど、その内容はそれぞれ異なりますが、今までよりもランクダウンはしたくない、という考えが一般的です。

しかし、希望を追い求めた末、失業期間が長期に渡ってしまった場合、転職活動において、先方の会社に与える印象は、すこぶる悪くなってしまいます。

最近は、中途採用者を積極的に採る会社も多くなっていますが、それは、会社が募集する職に対して、<即戦力>となり<会社にもプラスになる>人物においてのみです。

失業期間が長ければ長いほど、現場から離れている期間も長くなり、感覚を取り戻すのに時間がかかるでしょう。

採用側から見ると<即戦力>とは言えなくなってしまいます。

失業期間が長引いてしまった場合、失業中にどのように過ごしていたのかが重要なカギとなります。

セミナーや研修に参加したり、スクールに通ったり資格を取ったり、積極的に勉強をしていたという実績があれば、印象も違ってくるはずです。

また、「何社か受けてみたが、すべて不採用だった」と話すことだけは、絶対に避けましょう。

落ちるだけの何かの理由があるのだろう、という印象を与えてしまうことになってしまいます。

失業期間が長くなってしまった理由を面接で聞かれた場合に備えて、好印象を与えられるような回答を、あらかじめ準備しておいたほうが、転職活動を有利に進めることが出来るはずです。

関連記事

  1. ほんとうの自分に合った天職って、見つかるもの?

  2. 女性の職場、社会進出!弊害になっているのは何ですか?

  3. 転職活動するならマーケットの情報収集から

  4. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

  5. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  6. 思わぬ解雇や陰湿なイジメや圧力。自己都合による退職はどう?

error: Content is protected !!