知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

転職活動を始める時期については、どのように考えていますか?

今の会社を正式に退職して、落ち着いてから活動を始めようと考えている人も多いのではないでしょうか!?

しかし、退職をしてから行う転職活動には、都合が良い点も多くありますが、反対に不都合な問題点も出てきます。


最も良い点は、転職活動のために使う時間に制約がないということです。
仕事をしながらの転職だと、面接を受ける際に、どうしても先方の指定に合わせられないこともあるでしょう。

こちらの都合に合わせてもらわざるを得なくなることで、引け目を感じたり、なかなかスケジュール調整がうまくいかず大変なこともあると思います。

これが、退職してからの転職活動であれば、
問題なく会社側の指定に合わせることが出来ます。

入社時期についても、臨機応変に対応できるので、会社側にも良いイメージを持ってもらいやすくなります。

すぐにでも働いて欲しい・・・という依頼は、こちらにとっても嬉しく感じることもあるのではないでしょうか!?

しかし、退職をした後に転職活動を始めても、すぐには転職先が見つからないという問題点があります。

退職前は、転職市場が賑わっていたので安心しきっていたのに、退職後は、いきなり様子が変わっていたということもあります。

予定と違う事態に、自分の転職への意欲が下がってしまうと、面接を受けてもヤル気を前面に押し出すことが出来なくなってしまいます。

そのせいか転職活動は、仕事をしながらの方が成功しやすいようです。

そうは言っても、自分を取り巻く環境や考え方によっても状況は違うので、周囲を良く見まわし、最適な時期を見計らって自分なりの転職活動を行っていくようにしましょう。

関連記事

  1. 失業手当・保険!知らないと損をする失業手当(失業給付金)をもらうための…

  2. パワハラ上司のいる会社は業績が伸びない傾向がある

  3. 転職のメリットはキャリアップ以外にも

  4. 転職と学歴って本当のところどうなの?

  5. 転職でよくある失敗事例、転職後の後見人との相性問題を面接で事前にチェッ…

  6. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

error: Content is protected !!