転職活動の思わぬ落とし穴!必要資金は用意していないと大変

転職活動を行う上で、どの程度の費用が必要になってくるのでしょう!?

考えられる主な費用は以下のとおりになります。

  1. 履歴書用紙代、証明写真代
  2. 応募書類を郵送する際にかかる代金
  3. 面接時の交通費
  4. 通信費(携帯電話・インターネット代など)
  5. 服飾費(面接用スーツ・靴・カバンなど)

 

複数の会社に応募をする場合、その分、履歴書代や交通費などがかかる事になります。

特にスーツを持っていない場合は、さらに経費がかさみ、場合によっては、全部で10万以上になることも考えられます。

将来的に転職を考えているのなら、今のうちからコツコツと資金を貯めておいた方が安心です。

企業によっては、二次面接から先は、交通費を支払ってもらえることも多くあります。

しかし、こちらからそれを確認することはお勧め出来ないので、あまり期待せず、それでも一応、受領のための印鑑は持参した方が良いでしょう。

転職エージェントを利用してみるのも一つの手です。

履歴書や書類の提出、面接日の段取り決めなど、すべて転職エージェントが行ってくれるので、実は、転職における経費や時間を少なく抑えることが出来るのです。

もし、転職活動が退職後になるようでしたら、その間の生活費のためのお金も必要になってきます。

尚、人によっては失業手当で賄おう、と考えるかもしれませんが、自己都合による退職ですと、退職後3カ月が経ってからの支払いになってしまいます。

金銭的な焦りから、満足のできる活動が行えなくなる場合もあるので、きちんと準備をして転職活動に臨めるようにしておきましょう。

関連記事

  1. 子育て中の女性社員の働き方に温度差を感じることがありませんか?

  2. 実は結構ある!退職でのトラブル。実際にあった口コミ情報

  3. 年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

  4. 職場を辞める前に知っておきたい退職金の支給

  5. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  6. 看護師として自分の自己評価と価値の棚卸しは転職活動前にしておくことが基…

error: Content is protected !!