転職で年収ばかり気にすると上手くいかないこともある

人材派遣会社の売り文句として、良く見られるのが『年収アップを目指した転職を現実のものにしよう!』というような、給与面の向上を意識して転職を勧めるものです。

この不況の現代において、より多くの給与が得られることが魅力なのは事実です。

しかし、今就いている仕事に対して、「この仕事は給与が低くてダメ」、「転職すれば、もっといいお給料がもらえるかな」など、一生向きあうべき仕事を金銭面だけで判断することは間違っています。


仕事には「やりがい」が必要です。

給与だけで仕事を選び、しかし、その仕事に何の魅力も見いだせず、チャンスも与えられず自分の身になるモノが何もないまま、ただルーチンワークとして毎日の作業をこなすだけでしたら、それは貴方にとっては、ただの労働となります。

「給与が高いから、何とか仕事をこなしている」それではダメなのです。

給与以外でも大切なことは沢山あるので、それらの優先度を間違ってはいけません。

仕事を選ぶ上で大切なことは、まずは「仕事の内容」です。

そして、より色々な事にチャレンジできる環境があるかどうかが大事です。

若い内は、才能や技術を伸ばし仕事に必要なネットワークを作ることが一番重要な課題。

多くのプロジェクトに参加することによって自分の技量を存分に伸ばし、キャリアを積んでいくことを目標としましょう!

もちろん人は、生活のために働くのであって、金銭は重要なものであることに違いはありません。社会常識から著しく外れた、安い金額での雇われ方についての我慢は不要!

そのような会社は将来的に伸びるはずもなく、近いうちに消えていく運命となるでしょう。

「まずは給与の額」という考えは捨て、「質の良い仕事」のチャンスに巡り合えるような職を探すようにしましょう。

「質の良い仕事」には質の良い人たちが自然と集まってきます。

そんな仲間たちと一緒に働くことを通じて、自分自身も成長し、ふと気付いた時には十分な年収を稼げるようになっていた!

そんな仕事が出来れば満足ですね♪

関連記事

  1. ゆとり世代の新入社員が理解できない職場の問題

  2. 離職票とは?退職したら、まず最初に準備したいのが離職票

  3. あなたの職場の環境は子育てママを応援してくれていますか?

  4. 知らないとヤバイ、退職後の転職活動のメリッデトとメリット

  5. 子育て中の女性社員の働き方に温度差を感じることがありませんか?

  6. 女性の職場、社会進出!弊害になっているのは何ですか?

error: Content is protected !!