転職するなら知っておきたい看護師として在職中の転職活動のメリットとデメリット

それは、終身雇用制度が事実上、崩壊してきているということに起因しています。

今現在、別の病院への転職を視野に入れている人も、出来れば在職中に次の仕事を見つけておきたいと考えるが今や普通です。

退職してからの転職活動で、うまく次の仕事が見つからなかったりしたら、当然、金銭的にも精神的にも色々と支障が出てくる恐れがあります。

しかし、この在職中の転職活動には、実はそれぞれ長所・短所があります。

昨今では、看護師でも転職は珍しいことではなくなってきています。

長所として挙げられることは、看護師として仕事に対する意欲を損なわないまま、次の新しい仕事へとスムーズに移行が出来るということです。もちろん精神的な安心感も違います。

反面、現在の仕事を行いながらの活動なので、思うように転職活動を進められないという短所があります。

なぜなら、時間のやりくりが非常に難しくなるからです。

今の仕事が平日休みの職場なら、比較的うまくいくかもしれません。

しかし、今の会社も転職を希望する会社も、どちらも土日休みの場合は、面接を受けるのも容易ではありません。

まさか、現職の上司に「他の医療機関の面接を受けたいので休みます」とも言えないでしょう・・・。

また、無事に面接を受けられた場合でも、必ず「実際に出勤できるのはいつ頃からになりますか?」と聞かれます。

今現在、まだ在職中なのに、この質問に答えることは非常に難しいと言えます。

すでに退職願を出しているのなら、退職日が分かっているので返事をすることは可能ですが、まだ退職が決まっていなかった場合は、はっきりとした返事が出来ません。

どんなに早く見積もっても、1カ月?3カ月先位にはなってしまうはずです。

先方の会社が、それでも良いと言ってくれるのであれば問題はありませんが、すぐにでも人材が欲しいと思っている会社だった場合、退職が明確でなければ、折り合いがつかず、せっかく採用間近であっても不採用になることもあるかもしれません。

そのため在職中に転職活動を行う際には、現在の職場と転職先のどちらにも気を使いながら、出来るだけ良い印象を持ってもらえるようにしておく必要があります。

在職中の転職で難しいのは、2つの職場に対して気を使いながら、帳尻を合わせることです。

転職支援会社に登録している場合には、担当者とよく相談しながら、話を進めることができますが、1人で転職活動をしている場合、スケジュールや各種手続きが大変です。

 

関連記事

  1. 病院を辞めるときの円満退職退職スケジュールとは

  2. 自分で築くコミュニケーション!!

  3. 実は収入以外にもある仕事の最大の報酬とは?

  4. 安心できる老後を過ごすためにあなたは何ができますか?

  5. 年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

  6. 看護師としての転職活動には面接必勝法がある

error: Content is protected !!