知らないとヤバイ、失業保険(失業給付金)の手続きについて

失業保険とは、失業給付金をもらうための保険です。

会社員または医療機関に看護師として働いていた場合、在職中に雇用保険に加入しています。

退職をしたときに手続きをすれば失業保険(失業給付金)がもらえます。

しかし退職をすれば誰でももらえる訳ではなく、事情により失業はしたけれど、今後もまだ働く意思を持っている人のみがもらえるものです。

この失業給付金の手続きの際には、雇用保険被保険者証と離職票が必要です。

雇用保険被保険者証は、入社したときに渡されているか、会社で管理しているかの、どちらかになります。

万が一、もし、渡されていたのに失くしてしまった場合でも、再交付ができるので心配しなくても大丈夫です。

 

 

退職後、10日以内に会社から離職票が送られてきます。
ハローワークに行く際は、この二つが揃っていることを確認してください。

次に自宅の住所の管轄のハローワークに行き、求職の申し込みを行います。

申し込み手続き後、指定の日時(約7日後)に開催される雇用保険受給者説明会への出席は必須条件です。

その後、求職の申し込みを行った日から数えて、約4週間後に、第1回目の失業認定日が来ます。

指定された日にハローワークに行き、認定を受けてください。

そして、失業認定を受けた日から約1週間後に、指定した金融機関の口座に基本手当が振り込まれます。

その後も4週間に一度、失業の認定を受ける必要があります。

 

以上は会社都合による退職の流れです。

自己都合による退職の場合は、3カ月間の給付制限がありますので、第2回目の失業認定は、第1回目の認定日から3カ月後になります。

その後は会社都合の退職と同じく、4週間に一度の失業認定が必要です。

念のため補足しておきますが、失業給付金は定められた期間だけ給付されるもので、ずっともらい続けられる訳ではありません。

また、特に男性の多いのですが、リストラや会社の倒産などによる失業の場合、失業保険の手続きをすることを恥かしく思う人もいるようです。

しかし、そんな風に思う必要はありません。

失業保険は、在職中に雇用保険として毎月給与から支払っていたものなので、雇用保険に加入していた人は失業保険をもらう資格があるのです。

周りの人に、失業したことを言いづらくて内緒にしている人もいるかもしれませんが、転職活動をする上でも失業保険はキチンと受給するべきです。

転職活動は本当は在職中におこなった方が良いのですが、すでに辞めてしまっている場合には、次の職を探すためにも必ず手続きをして、新しい未来に向けて頑張りましょう!

関連記事

  1. 実際にある。引き抜かれる人材とは

  2. 転職のメリットはキャリアップ以外にも

  3. 結婚時期や育児休暇を言い出せない職場環境

  4. 希望年収って、どのくらい希望しても良いもの?

  5. 転職でよくある失敗事例、慌てて決めた転職先は失敗しやすい

  6. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

error: Content is protected !!