2012年11月アーカイブ

知らないとヤバイ、失業保険(失業給付金)の手続きについて

失業保険とは、失業給付金をもらうための保険です。

会社員または医療機関に看護師として働いていた場合、
在職中に雇用保険に加入しています。
退職をしたときに手続きをすれば失業保険(失業給付金)がもらえます。
しかし退職をすれば誰でももらえる訳ではなく、
事情により失業はしたけれど、今後もまだ働く意思を持っている人のみがもらえるものです。

この失業給付金の手続きの際には、雇用保険被保険者証と離職票が必要です。

雇用保険被保険者証は、入社したときに渡されているか、
会社で管理しているかの、どちらかになります。

万が一、もし、渡されていたのに失くしてしまった場合でも、
再交付ができるので心配しなくても大丈夫です。

 

タグ

, , , ,

カテゴリ:失業手当

病院はいつも看護師不足?転職に年齢は関係ない!?

どの病院においても優秀な看護師は、ニーズが常にあります。
また病院側が惹きつけられる人物というのは、どこへ行っても必要とされています。


尚、転職活動の際には、看護師だけに限らず必ず面接や試験があります。
しかし、その前に書類選考が行われることがほとんどです。

でも実は、この書類選考においてポイントとなる点は、年代によって変わっていることを知っていますか?

20代前半であれば、まだ仕事面での実績に乏しいと思われるため、
実際の人間像については、面接で見ようという考えです。

20代後半になると、それなりに実績が出てくるので、
看護師だけに限らず職歴が重視されるようになります。

また30歳以上ですと、
職歴や過去の実績により、面接を行うかどうか判断されます。


尚、転職しようとしているなら、あなたは《35歳以上の転職限界説》を聞いたことがあるかもしれません。
この35歳以上になってからの転職は、主に3つのパターンに分かれます。

 

タグ

, ,

カテゴリ:転職

このページの先頭へ