病院はいつも看護師不足?転職に年齢は関係ない!?

どの病院においても優秀な看護師は、ニーズが常にあります。

また病院側が惹きつけられる人物というのは、どこへ行っても必要とされています。

尚、転職活動の際には、看護師だけに限らず必ず面接や試験があります。

しかし、その前に書類選考が行われることがほとんどです。

でも実は、この書類選考においてポイントとなる点は、年代によって変わっていることを知っていますか?

20代前半であれば、まだ仕事面での実績に乏しいと思われるため、実際の人間像については、面接で見ようという考えです。

20代後半になると、それなりに実績が出てくるので、看護師だけに限らず職歴が重視されるようになります。

また30歳以上ですと、職歴や過去の実績により、面接を行うかどうか判断されます。

尚、転職しようとしているなら、あなたは《35歳以上の転職限界説》を聞いたことがあるかもしれません。

この35歳以上になってからの転職は、主に3つのパターンに分かれます。

 

  1. 積極的に転職活動を行わないと転職先が見つからない人
  2. 特に転職を意識していなくても、ヘッドハンティングがかかる人
  3. 看護師専門の転職支援サイトの利用し転職を成功させている人

 

もちろん、ヘッドハンティングがかかるような人は、ほんの一握りです。
そのため35歳が転職の限界、という考え方が定着したいえます。

但し、看護師の場合、資格と経験が大切なため、35歳以上でも充分転職可能です。

最近では、求人票に年齢制限について記載してはいけなくなったので、詳細な数字については分かりませんが、20代の求人数が群を抜いて多く、30代の求人とでは、実に10倍以上もの開きがあるんです。

30代以上では、同業種の求人だった場合、キャリアや業績がある人物が、異業種の求人だった場合は、どこでも通じるような管理能力がある人物が求められるようになります。

書類審査を通過し、面接を受けるところまで進んだ場合、あとは、その人の人間性によって判断する、というのが看護師だけに限らず、一般的な病院側や医療機関の考えになります。

関連記事

  1. 子育中の看護師主婦が転職する場合の注意事項

  2. 今、年々増えている職場の適応障害と看護師転職

  3. 最終面接まで上手く進んだ転職活動、他社も応募すべき?!

  4. 正社員と仕事は同じでもあなたの雇用体制は派遣扱いではないですか?

  5. 看護師の転職でよくある失敗事例、自分がおこなう仕事内容確認が不十分

  6. 職場を辞める前に知っておきたい退職金の支給

error: Content is protected !!