転職でよくある失敗事例、慌てて決めた転職先は失敗しやすい

看護師だけに限らず、転職をしたいと考える理由のひとつに、病院などの職場の人間関係が原因から思い立つケースが多いのです。

これは転職理由として、どのジャンルの職業でも、1位から3位といった上位に食い込んでいる理由です。

このような場合、一時でも早く今の仕事を辞めたいと思うため、急いで転職を決めてしまう傾向があります。

受けた会社や病院に対して理想化してしまい、あまり良く見ずに「ここなら大丈夫そう」と信じ込み、実際に入社してから「あれ!?」と思うケースが少なくないようです。

そして、更に良い職場を求めて転職を繰り返す・・・という悪いスパイラルに陥ってしまうこともあります。

特に看護師の場合、転職市場での需要が高いため、転職をしやすいため気をつける必要があります。

どうか焦らずに、しっかりと見極めてから転職先を決めてください。

仕事内容、収入、職場環境、生活スタイルとの両立など、何を優先させたいのか、人によってそれぞれ転職先に求めるものは違うと思います。

自分は何を意識して、転職をしたいと思ったのか、そして、転職先で自分はどのような仕事をしたいのかを、具体的に考えた上で、転職先を決めるようにすることが大切です。

そのためには、看護師だけに限らず、転職エージェントを積極的に利用するのが良いでしょう。

無料で登録できる上に、何社にも申込みできるので、自分に合った転職エージェントや担当者を見つけることがポイントです。

まずは、1社、2社だけではなく、登録先を多くすればするほど、転職成功できる確率が高まります。

 

関連記事

  1. 離職票とは?退職したら、まず最初に準備したいのが離職票

  2. 医療現場の看護師不足の問題と育児支援

  3. 看護師として自分の自己評価と価値の棚卸しは転職活動前にしておくことが基…

  4. 仕事のモチベーションいつまで続きますか?

  5. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

  6. 看護師専門の転職サイトに登録して、まずは求人情報収集から

error: Content is protected !!