看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとテクニック

一口に転職と言っても、これまでと同じ看護師業界でステップアップを目指しての転職なのか、はたまた今までの職種に限界を感じ、全く違う職種への転職なのかで、全く違ってきます。

違う職種で新天地を開拓しよう!と思ったとしても現実には、年齢にもよりますが、30歳を過ぎて、未経験者を企業は採用してくれることは少ないでしょう。

即戦力として動ける人材を欲しがっている企業が多いのです。

しかし、同じ職種からの転職で変な知恵を持っている人よりも違う職種からの転職で、斬新なアイデアを提供してくれたり新風を吹き込んでくれるような人材を求めている企業も中にはあります。

とはいえ、それも20代まで。
それ以上の年齢になると、かなり難しいものがあります。

しかも、どんなキャリアであれ、未経験の業界への転職では、年収は下がると思っておいた方が良いでしょう。

違う職種への転職は、仕事内容が変わるだけでなく、周辺環境や付き合う人の質までガラっと変わってしまいます。

その辺まで含めた覚悟が出来ていないと、現実についていけずに挫折してしまう人もいるようです。

その職なりの風習や独特の雰囲気など、すべてを一から教えてくれるような企業ばかりではありません。

今までの自分を白紙に戻し、新しい職種へ順応できるよう、自分なりに努力して何かを掴みとらなければ、その転職は失敗に終わってしまうのかもしれません。

そのため、現実的には、同じ看護師業界でステップアップを目指しての病院への転職か、または年収アップ、厚待遇、好環境の介護施設、研究機関への転職を目指した方が良いでしょう。

ナースフルなら看護師として、病院で働くことももちろん、介護施設、研究施設など、あなたがこれまで看護師として働いてきた経験が生かせる異業種の職場への転職もサポートしてくれます。

 

関連記事

  1. 辞める前にしっておきたい失業手当て・雇用保険。妥協したり感情的になって…

  2. ゆとり世代の新入社員が理解できない職場の問題

  3. 自分で築くコミュニケーション!!

  4. 配偶者控除がなくなる日!!

  5. 求人票の想定年収、本当に額面どおりの給料をもらえるの?

  6. 知らないとヤバイ!在職中の転職活動のメリットとデメリット

error: Content is protected !!