勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

すぐに退職願や退職届を出すのではなく、円満に退社できるようにスケジュールに沿って、順序立てた行動をする必要があります。

しかし、一部例外もあります。

自身の病気や親の介護などが、そのケースに該当します。

そうは言っても、なるべくなら病院の繁忙期や決算の時期は避ける方が賢明です。

自分の中で退職を決めたなら、まずは直属の上司に相談をしましょう。

突然の退職は、病院にも上司にも迷惑をかけることになるので、なるべくなら時間的余裕を持って伝えるようにして下さい。

「退職をしよう!」と決意したのなら、なるべく病院内や周りの人に迷惑をかけずに、お互い不都合なく円滑に退職が出来るように進めるべきです。

引き継ぎ等に時間がかかることもあるので、病院もしくは自分の仕事の内容に準じた期日を見積もっておく必要があります。

また、当然のことでもありますが、何かのプロジェクトに参加していたり、さらには責任のある立場であった場合は、それらが全て終了してからの退職にするべきです。

例外のケースは除いたとして、無理が生じないようなペースで進めていく事が重要となります。

また、次の仕事が決まっている場合は問題はありませんが、決まっていなかった場合、金銭面についても考慮しておくべきです。

生活費やローンの返済、場合によっては引っ越しが必要になってくるので、その費用。

さらに転職活動に必要な費用など、失業中も今までと変わらない出費がかさむはずです。

頼りにしている失業保険も、自己都合による退職の場合は、会社都合(リストラなど)による退職に比べて金額が低くなります。

つまり、自己都合による退職の場合は、退職前にある程度の貯蓄をしておかないと困った事態になります。

きちんと貯蓄ができてから退職をするか、もしくは許されるような状況なら、病院都合による退職としてもらえないかを検討してみましょう。

関連記事

  1. ほんとうの自分に合った天職って、見つかるもの?

  2. 看護師の転職でよくある失敗事例、職場の環境や人間関係が合わない

  3. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイント

  4. ゆとり世代の新入社員が理解できない職場の問題

  5. 今、徐々に増えている「年俸制」と一般的な「月給制」の違いとは?

  6. 会社を辞めたい「本音と建て前!」あなたはどっちを伝えますか?

error: Content is protected !!