転職でよくある失敗事例、転職後の後見人との相性問題を面接で事前にチェック

看護師だけではなく多くの中途採用では、人材を必要としている部署の上司が、採用に対する決定権や責任を直接、持つケースが増えています。

このことは面接を受ける人間にとっても良い面があります。

例えば、面接時に前もって自分の上司になるひとに合い、話をすることで、職場の雰囲気なども感じることが出来ます。

転職者にとっては、

採用後も、その上司が会社における後見人にとなり、色々とお世話になる形になるはずです。

そのように、自分を指導してくれる後見人的立場の人物がいなかった場合、もしくは、その人物と気が合わなかった場合、「転職に失敗した」と思うことになりやすいのです。

また転職者の看護師は周りからの注目度も高く、何かとプレッシャーも大きくなりがちです。

そのため様々なことを相談できる後見人的存在の人がいないと、不安が膨らみ、ストレスが溜まってしまうでしょう。

さらに、上司となる人間と気が合わなかった場合は、病院や看護師の仕事そのものが、嫌になってしまう可能性が高くなります。

なので、面接では自分だけが判断されているのではなく、逆に、病院や会社、上司などを自分が面接する気持ちも必要です。

 

関連記事

  1. 最終面接まで上手く進んだ転職活動、他社も応募すべき?!

  2. あなたの信頼している上司が独立!!その時「家庭のあるあなた」の選択は?…

  3. 転職で年収アップ!は必ずしも本当とは限らない!?

  4. 看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとテクニック

  5. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  6. 病院の廃業や倒産は中で働いていると気がつかない!?

error: Content is protected !!