2012年8月アーカイブ

看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとテクニック

一口に転職と言っても、
これまでと同じ看護師業界でステップアップを目指しての転職なのか、
はたまた今までの職種に限界を感じ、
全く違う職種への転職なのかで、全く違ってきます。

違う職種で新天地を開拓しよう!と思ったとしても
現実には、年齢にもよりますが、30歳を過ぎて、
未経験者を企業は採用してくれることは少ないでしょう。

タグ

,

カテゴリ:転職

転職の面接で給与や待遇の条件などの上手な聞き出し方

ほとんどの求人票には最低限の情報しか記載されていません。

「年収400万円以上」とあっても、
実際にもらえるのは、どの程度の金額なのか?

多いのか、少ないのか。
年齢や性別によっても違いがあるのかどうか。

休日休暇についても、本当に記載されている通りなのか?

これらについて、面接でどのように聞いてみれば良いのでしょう!?


「年収400万〜500万円」という様に求人票に記載されていた場合、

タグ

, , , ,

カテゴリ:年収

勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

すぐに退職願や退職届を出すのではなく、
円満に退社できるようにスケジュールに沿って、順序立てた行動をする必要があります。

しかし、一部例外もあります。
自身の病気や親の介護などが、そのケースに該当します。

そうは言っても、なるべくなら病院の繁忙期や決算の時期は避ける方が賢明です。


自分の中で退職を決めたなら、
まずは直属の上司に相談をしましょう。

突然の退職は、病院にも上司にも迷惑をかけることになるので、
なるべくなら時間的余裕を持って伝えるようにして下さい。

タグ

カテゴリ:退職

転職でよくある失敗事例、転職後の後見人との相性問題を面接で事前にチェック

看護師だけではなく多くの中途採用では、
人材を必要としている部署の上司が、
採用に対する決定権や責任を直接、持つケースが増えています。

このことは面接を受ける人間にとっても良い面があります。

例えば、面接時に前もって自分の上司になるひとに合い
話をすることで、職場の雰囲気なども感じることが出来ます。


転職者にとっては、

タグ

, ,

カテゴリ:転職の失敗

このページの先頭へ