看護師として自分の自己評価と価値の棚卸しは転職活動前にしておくことが基本

看護師として引き続き自分の希望する仕事を、この先も続けられる人、仕事は何とか続けられるけど、自分のモチベーションが保てないような条件の悪い仕事をしなくてはならない人、もしくはリストラの対象となってしまう人にはある特徴があります。

また看護師として転職を考えないわけではないけど、なかなか前へ踏み出せない人も同じ傾向があります。

それは、あまり自分を客観的に判断せずに、ズルズルと今、勤めている病院にしがみついている精神状態です。

また、しがみついていなくても、忙しくて自分の将来像を考えることをストップしている精神状況です。

誰も自分の将来は分からないわけですが、病院の経営状況が不安定な場合、これからどうなるのかハッキリした答えが出てから考えようと、問題を先送りにしていると、何も準備ができていないまま、突然のアクシデントやトラブルに遭遇し慌ててしまうことになります。

例えば、病院の倒産や大規模なリストラが行われた場合、その病院が大きければ大きいほど、求職者が同じ市内や町の中にあふれ、しかもその人材価値は自分と同じ病院に勤めていた看護師ばかりという事態に・・・。

そのような場合、転職活動のスタートダッシュが早ければ、他の人より一歩リードすることが出来、状況は圧倒的に有利になります。

 

地元では、大きな病院だから潰れないだろうと思っていると、倒産しなくても、自主廃業するケースがあります。

それは、県や市が運営している病院でも同じです。

地方の病院だけでなく、都心部の病院も廃業してしまう時代です。

過去、自主廃業をした病院の看護師さんも、早くに活動を始めた人の方が、次の転職先を好条件で見つけています。

また倒産ではなく、希望退職者を募る場合、退職金を上乗せするなど、通常の退職よりも有利な条件を明示される場合もありますが、目先の条件に惑わされてしまうかもしれません。

先の見通しが立っていないのに「何とかなるだろう」と安易に希望退職に応募してしまい、その後の職が見つからずに大変な思いをする看護師さんもいます。

本当に病院を辞めるかどうかは別として、もし仮に病院を辞めた場合、「自分には何ができるだろう?どのような将来が考えられるだろう?」と常日頃から考えておくことは重要です。

自分の看護師としての人材価値を一度、客観的に見つめてみて下さい。

看護師の資格をもつひとを募集している企業、病院側の目線で、自分の長所・短所を分析してみてください。

病院の業績が思わしくないと感じた時は、「今、勤めている病院を離れた時、自分には何が出来るのか」を冷静に考えておくべきです。

そのような時間があまりない場合、ナースフルなどの看護師転職支援サイトに登録しておくのも1つの手です。

担当者と客観的に自分に見つめ直す機会にもなりますし、条件のよい病院がスグに見つかることも良くあります。

関連記事

  1. パートなどで人材派遣会社を利用する場合の問題点

  2. 知らないと損をする!失業手当の満額受給は得するだけとは限らない

  3. 実際にある。引き抜かれる人材とは

  4. 知らないとヤバイ!在職中の転職活動のメリットとデメリット

  5. 勤務していた病院からの円満退職のためのスケジュール

  6. 転職のメリットはキャリアップ以外にも

error: Content is protected !!