病院が廃業、倒産寸前! どのタイミングで辞めるのがベストか

病院が危ない!このままでは廃業、倒産しそうだ!
そのような話を聞いた時、あなたが取るべき行動は次のどちらでしょうか?

今後の雰囲気をいち早く察知して、早めに転職をするか、はたまた、廃業または倒産後の後始末まで全て携わるか。

倒産という事態になった時、転職時期について悩む人は多いでしょう。

特に病院は近隣に住む人々の健康と生活を担う重要な拠点です。

入院していた患者は他の病院にお願いすることができても、通院していた患者さんは、地域の病院がなくなれば、どうすることも出来ません。

 

看護師としての自分と、1個人としての自分の人生の選択として悩むことでしょう。

では看護師として転職活動を行う際、プラスに働くのは、どちらだと思いますか?

A.病院の経営状況が思わしくないので、早めに退職をした
B.廃業という結果を真摯に受け止め、事後処理まですべて携わった

Aの場合は転職先の病院でも
「周囲の雰囲気を察知する能力があり、合わせて行動力も評価される」
というメリットが、

Bの場合は「責任を持って自分の看護師としての仕事を最後まで遂行したという点が評価される」というメリットが、それぞれあります。

現在は、前代未聞の大不況の真っ只中にいます。病院が倒産や廃業してから次の職を探そうとしても、簡単には見つからない状況です。

病院の経営が本当に危ないのであったなら、すぐにでも転職への行動を起こした方が得策であると言えます。

 

一方、減給になったり給与の支払いが遅れたりなどの、自分へのデメリットがないのであれば、倒産や廃業後の後始末まで、全てに携わる方が得だという考え方もあるかもしれません。

病院都合による退職だと、早い内に失業保険が支払われ、転職活動においても、責任感ある姿勢で最後まで仕事に携わったことを印象付けられます。

どちらのメリットを選ぶにしろ、看護師として転職活動する際には「なぜ前の病院を辞めたのか?」と聞かれることは確実です。

その場合、前の病院の経営状況や営業停止について言及する事はご法度です。

逆に、あなたが機密を守れない人間だという印象を病院の経営者側に与えてしまいます。

面接では、自分の持つ能力や意欲をアピールし、他の理由で、前の病院を辞め転職をするのだという面を強調することが重要です。

 

関連記事

  1. 最終面接まで上手く進んだ転職活動、他社も応募すべき?!

  2. 実は結構ある!退職でのトラブル。実際にあった口コミ情報

  3. 看護師専門の転職サイトに無料で登録して、まずは求人情報収集から始めるの…

  4. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

  5. 看護師専門の転職サイトに登録して、まずは求人情報収集から

  6. 退職日に病院に返却するもの

error: Content is protected !!