希望年収って、どのくらい希望しても良いもの?

看護師として現在よりも年収アップを希望した転職の場合、その年収額については、面接のいつ頃に話を切り出せば良いのでしょうか。

まず1つだけ言っておきたいのですが、最初の面接で年収の話をする事は間違いですので、それだけは絶対に避けましょう。

では、いつ頃なら良いのでしょう!?

年収についての交渉開始に適しているのは、最終面接終了の前までの時期になります。

それまでの面接時には、給与のシステムや基準について、それとなく探りを入れてみてください。

同年代の人の水準について、質問をしてみることも良いと思います。

ほとんどの病院や医療法人において、最終面接時に年収について確認されると思います。

「希望年収はいくらですか?」とハッキリ聞いてくる面接官もいます。

その時に、その病院の水準が分かっていないと、答えようがありません。

また、極端に水準以上の、自分本位の希望を伝えても、その時点で「ご縁がなかった」と言われてしまうこともあるかもしれません。

逆に、少なすぎる額を提示してしまい、病院に勤めてから後で後悔するような事も避けたいですね。

だからこそ、最終面接より前に探りを入れ、様子を掴むことが必要なのです。

では、最終面接で希望年収について聞かれた場合、どの程度、自分の希望を伝えるべきでしょうか!?

転職において、さほど年収が重要な条件でないのなら、「病院の基準に沿った額でお願いします」と伝えれば良いのですが、年収アップに重点を置いた転職の場合、そういう訳にはいきませんよね。

絶対条件となる額が明確な場合は、それをハッキリと伝えるべきです。

それによって面接に落ちてしまう危険性もありますが、面接の時に何も言わず、転職が決まってから年収についてアレコレ言うことは、あなたの信頼を落とす結果になります。

しかし、ここで注意したい点は、「その年収が必要な理由についての説明は必要ない」という事です。

病院側からすれば、「あなたが、その年収を必要とする理由」ではなく、「その年収を支払う価値がある人間かどうか」が重要であり、面接でそれを掴み取りたいと思っているのです。

では次に、交渉方法について具体的に御紹介しましょう♪

病院が抱えている問題をクリアできる自信があることをアピールしましょう!

また、自分には更にプラスの要素があり、ひとりで1.5人分の働きができる事を強調してください。

看護師専門の転職サイトや人材紹介会社を利用すると、最適な交渉をしてくれます!

交渉代理人は、あなたが満足できるよう最大限の努力をしてくれるでしょう。

もちろん自分の希望する年収を、本音ベースで正確に代理人に伝えておくことが大事です。

コロコロと意見が変わるのはトラブルの元ですので、自分の希望年収は明確にしておきましょう。

また「最低でもこれだけは欲しい」という情報もキチンと伝えておいて下さい。

あなたが看護師として納得のいく年収で働くことが出来るよう、ご健闘をお祈りします♪

関連記事

  1. 転職するなら知っておきたい健康保険の手続きと任意継続被保険者制度

  2. 転職するなら知っておきたい看護師として在職中の転職活動のメリットとデメ…

  3. 仕事のモチベーションいつまで続きますか?

  4. 病院を転職したい理由。看護師さんのアンケート結果

  5. それでも根強い看護師人気!!

  6. 面接前に考えておきたい。万が一、失業期間が長くなってしまった場合の理由…

error: Content is protected !!