年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

35歳以上の転職は一般企業でも難しいですが、看護師ではどうでしょうか?

確かに転職に成功しやすいのは、20代後半までで、それ以降は、徐々に難しくなる傾向はありますが、それでも一般企業に比べれば、専門職である看護師の場合、逆に経験豊かな看護師を募集していることも多いからです。

但し、30代後半になると、書類選考や面接突破の確率が少し落ちてしまいます。

では、なぜ35歳以降の転職は難しくなるのでしょうか?

30歳くらいまでであれば、その採用は平の看護師でも十分です。

これが35歳以上となった場合、年収面での問題や職場の人間系のバランスもあり、只の看護師として採用することは難しいと言えます。

たとえ本人が20代の看護師と同じ年収やポジションを望んだとしても、そのことによって、現場の看護師同士の関係がぎこちないものになったりするなど、採用側としても、色々と支障が出ることを考えなくてはなりません。

まったく求人が集まらなかった場合以外では、35歳以上の一般の応募者を採用することは少ないと言えます。

35歳以降でも採用されるとしたら、病院側が的を絞った求人の場合です。

正看の退職に伴い、同程度あるいはそれ以上の能力を持った人材を探している、または、今の社内に足りない新しい何かを持っている人を求めている、など、欲しい人材のイメージが明確な場合です。

つまり「35歳以上でもOK」の求人においては、求人情報内の「求めている人物像」は重要ポイントです。

 

35歳以上の正しい看護師転職の方法としては

ベテランに強い看護師転職サイトを利用する

ただし「ベテランに強い」と謳っている所は少ないようです。自分に合う紹介会社が見つかるかどうか難しいところかもしれません。
もちろん1社だけに頼っていても先の見通しは立たないでしょう。最低でも5社以上には登録したほうが無難です。

信頼できるエージェントやヘッドハンターに頼る

売りにできるようなキャリアを持っている事が条件となります。
勤めていた会社を急成長させた本人である、など過去の経歴が重要です。
「空いているポストにちょうど良い」からではなく、
「たとえポストが空いていなくても、この人物なら採用したい」
そう思われるような登録をしておく必要があります。

取引先や知人などからのヘッドハンティング

関連記事

  1. 病院はいつも看護師不足?転職に年齢は関係ない!?

  2. 病院を辞めるときの円満退職退職スケジュールとは

  3. 最終面接まで上手く進んだ転職活動、他社も応募すべき?!

  4. 転職活動前に知っておきたい、転職後の年収事情

  5. 正社員と仕事は同じでもあなたの雇用体制は派遣扱いではないですか?

  6. あなたの夫や家族は育児の応援をしてくれていますか?

error: Content is protected !!